この決めぜりふが効いた!女性からの逆プロポーズ

印刷

   きのう(6月1日)行われたという「第4回プロポーズの言葉コンテスト」表彰式の模様を伝えた。応募作品1216のうち4割近くが女性からの逆プロポーズの言葉だったという。

やっぱり増えてる「草食系男子」

   21の入選作中、女性からのものがいくつか紹介された。4歳年下の中国人男性への言葉――。

アメリカにもあるの?
「隣の席もいいけど同じ籍の方がもっといいかな」

   相手ははじめ「席」と「籍」の違いが理解できなかったらしい。女性が説明してようやく納得したという。どこかの局の川柳コーナーで似たような状況を詠んだ作を見た気がするが……。

   バツイチ同士で交際していた3年前、男の子2人がいる女性が口にした言葉。

「子ども2人も3人もたいして変わらないし、(あなたを)長男にしてあげるよ」

   この現在30才の女性によれば、「私がまとめて面倒みてやるわよ」くらいの勢いで言ったそうだ。夫(40)はこの言葉どおり、子どもたちとまるで兄弟のように仲良く、そしてこの言葉で力みがとれたのか、「徐々に父親らしく成長しています」とのこと。

   「逆プロポーズ」の多さは時代の変化をうかがわせる。MCの加藤浩次が「アメリカではあるんですか」とコメンテーターのロバート・キャンベル(東大教授)に尋ねる。キャンベル教授によると、あちらでは4年に1度、うるう年の2月29日にだけ、女性の方から申し込む習慣が昔あったという。やはり男性がするものだという伝統があったのだろう。

   最優秀賞は24才の男子の「僕に毎朝、おみそ汁を作らせて下さい」だった。草食系が増えたことを実感!

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中