ここまでやるか!東京・銀座で「新顔カレーうどん」イベント

印刷

   カレーうどん100周年だという今年、東京・銀座でカレーうどんの「革新」を目指すイベント、「カレーうどん革新ラボ」が今日から27日までの限定ではじまった。研究家や飲食店などが協同で考案した革新的なカレーうどんが食べられるという。

研究家や専門店が開発

   老舗カレー店とうどん屋がつくった「キーマカレーうどん」。「見た目、ジャージャー麺に近いのかな。20種類のスパイスを使っていて、味わい深い辛味が後を引くそうです」と会場からリポートの佐々木亮太アナ。

これいい!カツカレーうどん

   「これ、いい」と森永卓郎・経済アナリストが乗り気なのは、ありそうでなかった「カツカレーうどん」。

   全部で15種類のカレーうどんがあるというが、佐々木が試食したのは「豆乳冷製サラダカレーうどん」だった。豆乳入りの冷えたカレー汁に、トマト、枝豆をちらし、水菜をたっぷり載せて、オリーブオイルを上からかける。佐々木はスープを一口すすると、「おいしい。さらっとしてて、かつ豆乳のクリーミーなのどごし。これ、流行るかもしれない」などと雄弁に評価していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中