堤下敦、松居一代に圧力鍋と包丁もらった

印刷

   お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦は最近、家で料理を作っている。

   きっかけはタレントの松居一代から、自身がプロデュースした圧力鍋と包丁をもらったこと。仕事が一緒になり料理の話をしたら、松居が「料理するの? じゃあ特別よ! 作ってみてね」と送ってくれることになった。

   この日、圧力鍋で作ったブリ大根は大根がやわらかく、ブリに味がしみ込み、最高の出来栄えだった。いろんな料理にチャレンジしているのは、松居に「主人と堤下君の家に食べに行くから」と言われたからだ。冗談かもしれないが、松居と夫で俳優の船越英一郎が自宅に来ることになったら、得意のハンバーグか唐揚げを作ってあげたいという。いずれも圧力鍋を使う料理ではないのだが。(2010年6月2日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中