今年も空からオタマジャクシが降ってきた

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>梅雨のこの季節になると、空からオタマジャクシが大量に落ちてくる――。去年から話題になっている珍現象だが、今年も起こった。

   5月31日朝、栃木県の農家が自宅前で畑仕事をしていると、背後で「ボテボテボテ」という音がして、振り返ると、体長3センチほどのオタマジャクシが10匹ほどうごめいていたという。オタマジャクシはまだ水に濡れた状態で、生きてゴニョゴニョと動いていたが、「空から落ちてきたとしか思えないが、鳥は飛んでいなかった」という。

   1年前のワイドショーでもこの珍現象は話題になっていた。フジテレビ系「とくダネ!」は「空からオタマジャクシ」として、石川県七尾市の駐車場に100匹ほどのオタマジャクシが降ってきたことを伝えたが、スタジオは「人がやったんじゃないか」という反応だった。

   しかし、その後も宮城県や埼玉県など全国各地で同じようなことが起こり、鳥が上空で吐き出した、竜巻に吸い上げられたなど諸説が飛び交っているが、いまだ真相はわかっていない。今年はワイドショーが真相を解明できるか……。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中