安住・民主選対委員長が出演「取りこぼしできない。無理に2人立てない」

印刷

   民主党はきょう7日党役員人事を決め、8日に菅内閣が発足する。菅直人代表の誕生で党の支持率はV字回復しているが、カギは「脱小沢」。これで何がどう変わるのか。選対委員長に内定した安住淳議員がスタジオで語った。

   安住はもとNHK政治部記者。さきがけから民主党にかわり、当選5回。選対委員長は過去4回つとめている。小沢幹事長とは距離を置くが、小沢代表のもとでも選対委員長だった。しかし、今回の参院選では、これまでの小沢路線をどうするかが問われるところ。

沖縄どう戦うかむずかしい

   まず、今回の代表選について――。

どうなる?

   安住「小沢さんが派閥的な考えを持っていたとしたら、誤算だったかもしれない。民主党はグループのしばりが強くない」

   小沢グループは150人といわれる。

   安住「よくプロ野球で満員になると6万人というが、実際は違う(爆笑)。小沢グループといっても、菅さんや鳩山さんの方にも顔を出していたり……。この党は6割が無党派なんですよ。代表選でも派閥の足し算ができない」

   末吉竹二郎(国際金融アナリスト)「その民主党がなぜ鳩山さんを選んだ?」

   安住「委員長や大臣をやらずにいきなり首相ですから。鳩山さんは政局に強い。1発の度胸はすごいが、政策をまとめて決断するという経験が足らなかった」

   与良正男(毎日新聞社論説副委員長)「小沢さんを道連れにしたのなんかは、たしかに政局の人だと今回わかった」

   さて、菅代表の「脱小沢」人事だ。まず枝野幸男幹事長。

   与良「一番の衝撃は枝野幹事長。よりにもよってという感じ。小沢さんが『いちばん嫌いだ』といっていた人だから。ものすごい決断ですよね」

   安住「代表選に出る前から決めていたふしもある」

   幹事長代行に細野豪志。

   安住「実務能力の高い人だから、適任だと思う」

   与良「小沢グループを全部排除するわけではないよ、というメッセージでもある。樽床伸二・国対委員長も同様」

   当の安住は選対委員長。「選対委員長を2度、委員長がないときは選対企画もやった。またか、という感じ」だと自分で言う。

   それより、玄葉光一郎・政調会長はどうか。

   安住「小沢幹事長に陳情一本化で、異を唱えていたのが私や玄葉さんだった。もともと、菅さんも政調会長を軸に組閣準備していたのを小沢さんが切った。その結果、高速道路問題でも大臣同士がぶつかりあって、みっともないことになった、1年生は選挙だけやってろ、では人材が育たない。

   枝野さん、前原さん、私なんかが、なんでここまで来れたかというと、鳩山さん、菅さんが自由闊達にやらせてくれたからですよ。政調こそが民主党」

   その小沢は地元へのビデオ・メッセージで、「選挙に勝ったら、先頭に立って頑張る」といった。復活宣言なのか。

   「これは矛盾してる」と与良。「参院選で菅さんを支持するのは国民なんですよね。それをひっくり返す?」

   その通り、JNNの調査では、小沢辞任を「当然だ」が90%だった。小沢退陣で党の支持率も上がっているのに、それで勝ったら「先頭を走る」というのは矛盾している。

   安住「小沢さんの心象風景には、かつての福田・大平の権力闘争があるのかもしれないが、民主党の人たちは選挙結果をみて常識的な判断をすると思う」

   で、選対委員長としては参院選をどう考えているのか。

   みのもんた「沖縄はどうなる?」

   安住「沖縄は象徴的な選挙区になると思う。正直に向き合って、結果を真摯に受け止めないといけない。どう戦うかはむずかしい」

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)「全国的にはきびしいといわれているが、どれくらい?」

   安住「1人残らず(当選して)帰ってくること。無理に2人を立てることもない。取りこぼしはできない。若い党なので、経験のある人になんとしても帰ってきてもらいたい」

   久しぶりに、普通の日本語が通ずるゲストだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中