「反小沢」の裏に地検特捜部の陰謀?鳥越コメントに一太「納得でき ん」

印刷

   菅首相の「脱オザワ」がスタジオで取り沙汰されるなか、コメンテイターの鳥越俊太郎は「いま世の中は反オザワになってるが、それは東京地検特捜部のある種の陰謀があったからでね」と、あえてオザワ問題の本質に立ち返るのだった。

やり方に問題あるかもしれないが……

   「尊敬する鳥越さんの分析とは思えないですね」とゲスト出演の自民党・山本一太参院議員が、恨みがましい目つきで、口をとがらせた。

なんでよ!?

   「なんでよ!?」と鳥越。

   「それは検察のやり方に問題はあるかもしれないが、なにもなくて秘書3人逮捕されないですよ」と山本。

   ひとつの会社から2000万円もらってるのは額が多すぎだし、第一オザワは政倫審にも出てこないじゃないか云々。

   権力を疑い続けるジャーナリストは、長らく政権という権力を精力的に批判してきた。一方で、冤罪問題などに関心を持ち、警察検察権力も疑ってきた。オザワ問題ではどちらを疑うべきなのか、あるいは両方疑うのか、選択の難しいところだが、元与党の山本にしてみれば、鳥越はオザワに甘く、検察だけを一方的に疑ってるように見えるところだろう。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中