2018年 7月 23日 (月)

愛知県春日井市の「菅大臣町」で新首相にちなんだ新メニュー

印刷

   菅新首相の誕生で注目を浴びる愛知県春日井市の「菅大臣町(かんだいじんちょう)」。その名も「大臣」という町の焼鳥屋が、新首相にちなんだ新メニューを開発したという。「わたしが名前を付けさせていただきました」とリポーターの佐々木亮太アナが言う。

粘って粘って…豆腐ステーキ

   ちなみに、この店は数日前の新聞記事(ウェブ版)にも登場しているが、店主のインタビューには新メニュー開発の話は出てこない。単に記者がオミットしたか、店主が言い忘れたのか、その後に思いついたか――。もしかしてスパモニなどが「名前」以上の何かを付けてたって不思議じゃない。なんにしろ、テレビ絵的に「ソーリにちなんだ新メニュー」はあるべきなのだ。いや、むしろ不可欠だ。

いいじゃないですか

   さて、その目玉の一品は「粘るぞ!総理ダイズinステーキ」。ダイズin→ダイズィン→ダイジン……。

   「いいじゃないですか」とスタジオの赤江珠緒キャスター。これは大豆(ダイズ)でできた豆腐ステーキで、「粘る」のは山芋が入ってるからだ。「粘って粘って、1日でも長く総理をやっていただきたい」(店主)との願いが込められているんだとか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中