2018年 7月 20日 (金)

ビビる大木 「ジムをやめようと決めました」

印刷

   お笑い芸人のビビる大木が6月7日(2010年)のブログで、スポーツジムを退会したことを、おもしろおかしく紹介している。

   スポーツジムではランニングマシン、ラットプルダウン、ダンベル、バーベルなどに励んできた。しかし、ふと考えることがあったという。

「待てよ…、このジム通いはいつまで続くんだ?人生80年として、今は35歳だから…、えっ!?あと、45年もジム通いをしなくちゃいけないの!!!」

   そう思った瞬間、やめたくなったらしい。考えただけでうんざりするからだ。

   ジムでは財布を盗まれたこともあった。財布には「空海」のキーホルダーがついていて、「『盗んだ金で何か食うかい?』、おそらく犯人はこのダジャレを使っただろうな」とぽつり。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中