帰宅したら自宅にアフリカの裸族!さあどうなる?のスリル感楽しい

印刷

「ハダカっち」(日本テレビ)2010年6月6日0時50分~

   この日スタートした新番組。「ハダカっち」というタイトルと深夜という時間帯から18禁アダルト系の番組かと思いきや、そうではなく日テレお得意のドキュメントバラエティだった。この日の企画は「超難解な言葉をしゃべる裸族と共同生活できるのか!?」というもの。『我が家』の杉山が自宅に帰って来るとそこにはアフリカからやって来た裸族の女性がいて、文化も違い言葉も通じない彼女と共同生活することに。上半身裸で腰蓑をつけ全身にドロを塗りたくっている彼女が杉山の布団の上に座っている姿はそれだけでも充分に面白いが、身振り手振りで必死にコミュニケーションをとろうとする杉山の姿に面白さは倍増。こういう場合、相手が何を言っているのかスーパーを出すのが普通だが、この番組ではそれをせず、視聴者も杉山同様、彼女が何を言っているのかまったくわからず最初はイライラするがそれを我慢し、彼女が何を言っているのか理解しようと聞き続けると少しずつわかってきた感じになるから不思議だ。これから2人がどんな共同生活を送るのか興味が沸く。番組ではいくつかの企画を同時進行するようで、来週は原幹恵による「マンションで自給自足生活が出来るか」というものらしい。
   ひとつ気になるのはおっぱい丸出しの裸族をどうやって日本に連れてきたのかということ。実は日本語ペラペラの在日アフリカ人だったなんてことが発覚しなけりゃいいけど。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中