2018年 7月 22日 (日)

梅雨のジメジメ吹っ飛ばせ!この季節だから行きたい信州この名湯

印刷

ドライブ A GO!GO!(テレビ東京系日曜夜)>そろそろ梅雨の季節に突入ですね。毎日ジトジトと続く雨、蒸し暑くて気分もだんだんとブルーに・・・。そんな不快感MAXのこの時期だからこそオススメするのが、信州・奥飛騨の秘湯です! 極上の温泉につかれば梅雨の嫌な気分もスルリと洗い流せること間違いなしですよ。

文人や歌人も通った「隠し湯」

   お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右と松竹芸能で唯一のモデル、西田美歩がやってきたのは信州の名湯・白骨温泉。戦国の武将・武田信玄が戦で傷ついた武者や足軽、鉱山の探鉱夫を癒すために用いたといわれている白骨温泉は、多くの文人や歌人にも愛された伝統ある温泉だ。柔らかな白い色をしたこの温泉は、「三日入れば三年風邪をひかない」といわれ、とくに胃腸病に効果があるという。

   数ある温泉宿の中から2人がお邪魔したのは、江戸の末期に建てられたという本棟作りの建物で、いい雰囲気を醸し出している「煤香庵」だ。乗鞍岳の絶景をバックに入る露天風呂に、2人は「キモチイイ!」と大満足の様子だった。さらに、温泉を使った絶品温泉粥や湯治蕎麦をいただくこともできて、まさにからだの外側と内側両方から温泉の効果を吸収することができる。

   次に2人が向かったのは岐阜県・奥飛騨温泉郷。こちらには、な、なんと「神の湯」と呼ばれる温泉があるという。平湯温泉・神の湯は武田信玄軍が発見したと言い伝えられている有名な温泉で、源泉の温度が57度と少々高めなのが特徴だ。

   「ちょっと熱すぎかも・・・」と考えている方もご安心を。源泉を滝のように高いところから湯船に落としているため、湯は冷まされて和らいでいるのだという。こちらの温泉は「神の湯」の名にふさわしく、険しい山道を登った先の深い山の中に存在するため、冬季は閉鎖されるそうだ。秘湯につかるなら今がチャンス。雄大な自然に囲まれた露天風呂は気持ちよいこと間違いなしですよ!

   私も最近温泉に出かけていないので、見ていて羨ましくなってしまいました。

   「夏も近いのに温泉なんて・・・」と思っているあなた、週末はぜひ信州・奥飛騨の秘湯でスッキリリフレッシュしてみてはどうでしょう。

じょん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中