国民新党「連立維持」のソロバン勘定 自見幹事長「与党にいた方が(選挙)やりやすい」

印刷

   きのう(10日)の番組では、みのもんたがどうしてもわからなかった荒井聰・国家戦略担当相の事務所費問題。経費の明細が公表されたが、なかにマンガ、音楽CD、マッサージ代なんてのが入っていた。それでも違法ではないのだという。

亀井は誰に対して責任取ったのか

   与良正男(毎日新聞社論説副委員長)がみのに、「今日はもっと怒ってもいいかもしれない。政党助成金も入っているんだから、恥を感じた方がいい」

ますますわからん

   ほかにも、川端達夫・文部科学相、蓮舫・行政刷新相の分も公表されたが、まとめて「違法性はない」とコメントしたのは細田豪志・民主党幹事長代理だった。

   これについて与良は、「政治資金規正法は改正に改正を重ねていて、政治家でもよくわかっていない人がいる。しゃべらせると危ないので、幹事長代理が……」

   みのもんたは「こういうときは菅さんが出てきて、『荒井大臣はこれから1か月間、四国を巡礼させますから』とか言えばいいんだ」(笑い)

   もっとわからないのが、深夜まで続いた民主・国民新党の郵政改革法案をめぐる協議。結局、民主が国民新党を押し切ったのだが、亀井郵政改革・金融担当相が責任をとって辞任するという。

   結局、会期は1日程度の延長にとどめ、法案が廃案になったら「連立離脱も辞さない」と言っていた国民新党は、「法案は次の国会で最優先で成立させる」「選挙のマニフェストにもいれる」旨の覚え書きを交わすことで納得した。ただ、それでは格好が付かないからか、亀井代表は「(法案成立という)約束を履行させられなかった責任をとって、閣僚を辞任する」という。その後任に名指しされた自見庄三郎・国民新党幹事長がスタジオに出演して、いきさつを語った。

   みの「どうして連立離脱しなかったのか」

   自見は4日付けの民主との合意書を見せて、「亀井さんは信義にあつい人」

   与良「責任をとって辞めるというのは、誰に対しての責任?」

   自見「国民新党を応援してくれる人たち」

そうか、郵政か。

   与良「強行採決でやってでも通したかった? なぜ急ぐのか」

   自見「5年前の小泉劇場以来ですよ」などと、話の的がいっこうに絞れてこない。

   与良「連立離脱と思っていたが……」

   自見「今回改選の人がいる。私も与党でも野党でも選挙やったが、与党にいた方がいい。また、次に出す法案が修正されるのではないかという懸念がある」

相変わらず何を言いたいのかよくわからない。

   池田健三郎(政策アナリスト)「与党にいた方がやりやすいということ?」

   自見「よくおわかりですね」

これでようやくわかった。しかし、そのあともまた言葉がうろうろ。最後に「与党にいないと仕事ができないんですよ」

   コメンテーターたちがいろいろ聞いても、なかなかストレートな答えが返ってこない。

   みのがとうとう「亀井さんより自見さんの方が、すごいのれん(に腕押し)のような気がしません?」(笑い)

   おまけに最後に「亀井さんを慰留しているんです。政治はドラマです」

   みの「ますますわからなくなった」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中