菅政権をどう評価するか―コメンテーターも戸惑った1週間

印刷

<今週のワイドショー通信簿>今週は菅内閣誕生に明けて暮れた。突然の小鳩体制崩壊で生まれた菅政権をどう評価したらいいのか、ワイドショーもコメンテーターたちも戸惑いがありあり。

   「菅内閣のホントの顔は『参院選対策』『揺れ戻し』『亡命』……どれ?」(とくダネ!)、「菅支持率62・4%に『期待感?』『上がりすぎ』『おかしい』」(スッキリ!!)と、テーマを絞れないままコメンテーターたちがだらだらと感想をしゃべる場面が多かった。

   ただ、「小沢脱却」については、ワイドショーはある程度は進んだと見た。

   「『極限まで進めた脱小沢人事』菅直人は本気でやり合う気だ」(とくダネ!)、「『脱小沢一郎』地元・奥州市の反応は『しかたない』か『納得できない』か」(朝ズバ!)と、菅政権は「非小沢」で固まったという見方だったが、政治のプロのコメンテーターからは「小沢はそんなに甘くない」という意見も目立った。

   菅政権の退場で内閣支持率、民主党の支持率はV字回復したが、これが参院選挙の議席に結びつくかどうか、来週のワイドショーのメインテーマになりそうだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中