つるの剛士「24時間駅伝マラソンなんて軽い」と思っていたら……

印刷

   タレントのつるの剛士が6月13日(2010年)のブログで、足の痛みを報告している。

   今年のフジテレビ「26時間テレビ」の企画で、ヘキサゴンメンバーによる24時間駅伝マラソンに参加することになった。10人で交代しながら200キロを走ることになり、つるのは「もはや、罰ゲームです」と嘆く。

   本人は育児休暇中、毎日走ったり、波乗りをしたりしていたので、体力十分のつもりだったが、先日の練習で10キロ走ったら、「足がパンパン」。横っ腹も痛かったそうである。ここ最近は忙しく、何週間も走っていなかったせいだ。本番については「夏のいろんなことに向けて準備中なのですが、その間を走り抜けます」と意気込んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中