2018年 7月 21日 (土)

つるの剛士「24時間駅伝マラソンなんて軽い」と思っていたら……

印刷

   タレントのつるの剛士が6月13日(2010年)のブログで、足の痛みを報告している。

   今年のフジテレビ「26時間テレビ」の企画で、ヘキサゴンメンバーによる24時間駅伝マラソンに参加することになった。10人で交代しながら200キロを走ることになり、つるのは「もはや、罰ゲームです」と嘆く。

   本人は育児休暇中、毎日走ったり、波乗りをしたりしていたので、体力十分のつもりだったが、先日の練習で10キロ走ったら、「足がパンパン」。横っ腹も痛かったそうである。ここ最近は忙しく、何週間も走っていなかったせいだ。本番については「夏のいろんなことに向けて準備中なのですが、その間を走り抜けます」と意気込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中