2018年 7月 21日 (土)

「次のオランダ戦ウチの中継だ!」スタジオ異様な盛り上がり

印刷

   ワールドカップ・カメルーン戦で、奇跡的な勝利をおさめた岡田ジャパン。次戦の6.19オランダ戦にむけて、番組も大いに盛り上がるのだった。なにしろ中継はテレビ朝日系なのだ。W杯で対戦国を取り違えるという奇跡的な中継アナを擁するテレビ局である。

これは勝つんじゃないか!

   さて、スタジオでは、ゲストのサッカー解説者、松木安太郎が「大きな声じゃ言えないが、勝つチャンスはある!」と例によって声を張り上げ、日本はやれると気勢をあげるのだった。

精神力の戦いだ

   「ものすごい強気になってきましたね」と、赤江珠緒キャスター。「だんだん強気になってきちゃって。これは勝つんじゃないかと! だんだん大きな声になってきました」とわるびれない松木。

   コメンテイター陣も勇ましく。「(カメルーン戦同様)松井がゴール前に入ってきてクロスを上げれば、点数は取れる」(鳥越俊太郎)、「ワールドカップ出場国クラスだと、技術的な差はほんのわずか。精神力の戦いだ」(大沢孝征弁護士)

「なんか(光明が)見えてきましたよ」

   小木逸平アナが、例によってわざとらしい笑顔でこのトピックを締めくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中