2018年 7月 20日 (金)

「琴光喜の処分」解雇が当然だけど、相撲協会と『司法取引』?

印刷

   野球賭博を否定し続けてきた大相撲の大関・琴光喜が一転して罪を認めた。今日(15日)の日本相撲協会の緊急理事会で、処分が話し合われるのに先立ち、スタジオでも独自の処分が話し合われた。

処罰しないから本当のことを……

   「解雇されても言い逃れできない」(中澤潔・東京相撲記者クラブ会友)、「解雇はやむをえない」(鳥越俊太郎)など、暴力団につながる賭博であること、ウソをついたこと、角界が暴力団排除の姿勢を打ち出してることなどを考え合わせれば、解雇相当だというコメントが続く。

解雇はやむをえない

   一方、大沢孝征弁護士は、琴光喜が本当のことを喋ったのは「処罰しないから本当のことを言え」という協会との約束によるもので、いわば司法取引であった。そういう約束である以上、「協会は重い処分をくだすことはできないし、やってはいけない」と力説した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中