「ありゃなんじゃ?」空の散歩だけじゃない 厭きさせない工夫巧み

印刷

「空から日本を見てみよう」(テレビ東京)2010年6月10日19時58分~

   くもじい(声は伊武雅刀)とくもみ(声は柳原可奈子)という雲のキャラクターが空を散歩する設定で、日本の上空を探索する番組。特番として数回放送したところ好評につき、2009年10月よりレギュラー番組になった。

   この日の放送は「『江ノ電』鎌倉」編。藤沢~鎌倉間を走る江ノ電沿いに空中散歩をしていた。この番組のいいところは、1時間ただ空撮を流しているのではなく、上から見ていて気になる場所や建物があれば、そこに降りて行って確かめるところ。また、建物のトンガリ度を測る「測れ!トンガリ計測部!」や、公園にある動物のかたちをした遊具を紹介する「公園アニマル」というミニコーナーなどもあり、厭きさせない工夫が凝らされている。ムダに芸能人を使いただ騒がしいだけの旅番組などよりはずっと品もよく静かに楽しめる貴重な番組といえる。

   さらにこの日はちょっと面白い試みがあった。21時からの後番組「和風総本家」が「鎌倉に生きる人々の24時間に密着」という内容で、ともに舞台は鎌倉ということだからか、「空から~」の番組の中で長谷寺の池に何かを浮かべている人を映し、「この人たちは何をしているのでしょう? 答えはこの後の『和風総本家』で」と次番組の宣伝を入れていた。答えが気になる視聴者は次の番組も見ようとするはず。押し付けがましくない番宣に好感がもてた。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中