名古屋市「7400万円で購入の美術品」駐車場に17年間放ったらかし

印刷

   「ほっとけない」コーナーが、またまた妙なものを掘り出した。名古屋市が17年前に7400万円で購入した美術作品が、誰の目にも触れず、木箱に梱包されたまま駐車場の片隅に放置されていた。

   発端は、市職員を名乗る人からの「市民経済局が保管する美術工芸品を調べてほしい」という市民オンブズマンへの通報。。市が10数年前に購入したが、1度も公開されていないのだという。市民オンブズマンが情報公開請求をしたところ、美品出納簿のリストに1行、購入期日と作品の名前、金額が記されているだけだった。17年前、彫刻「砂漠の泉」7416万円とあった。これが展示もされていないとはどういうことだ?

グランプリ受賞作品

   「朝ズバッ!」が調べたところ、名古屋国際会議場にあることがわかって、岡安弥生アナが訪ねた。コンサートやイベントに使われる施設だが、内部に多くの美術品が飾られている。「しぼり絵」30~40万円、VIP用の部屋の「油絵」2000万円などと職員が案内する。

責任はだれが取るの
「一番高いものは?」
「『砂漠の泉』というものです」
「どこにあるんですか」
「地下の倉庫で保管しています」

   岡安が案内されていった先は、倉庫ではなく駐車場だった。しかも、ただ置かれているだけ。相当な数の木箱があって、「木箱から出して組み立てるものです」と市は説明する。

   「砂漠の泉」は第2回名古屋国際ビエンナーレ・アーテック'91でグランプリを受賞した作品だった。数多くの部品を暗い部屋に設置すると、人の動きや音に反応して、ストロボが光ったりパイプが動いたりするのだという。

   しかし、市の担当者は「資料は5年前までしかないので」詳細はわからないという。岡安が当時を知る人を訪ね、「デザインセンター」計画の最初の収蔵品ということだったらしいとわかった。国際デザインセンターは、都心の商業施設の中にあったが、展示に必要な5メートル×5メートル×5メートルというスペースがとれなかったため、展示されなかったらしい。現在の担当者は「今となっては確かなことはわかりません」と言うばかり。

鑑定してもらったら「時価100万円」

   この彫刻は中国系アメリカ人のウエン・イン・ツァイ氏の作品。テクノロジー・アートという分野になるのだという。「朝ズバッ!」が美術商に鑑定してもらったところ、お値段はなんとたったの100万円!

「さびも出ているし、この状態ではアートじゃない。廃材と同じだから」

   いったい7400万円で購入を承認したのはだれなのか。

   この取材をキッカケに、名古屋市は8月末からのイベントで展示する方針を決めたが、組み立てるだけで数百万円かかるのだそうだ。

   これを聞いた河村たかし名古屋市長は、「購入の経緯を一度調べてみたい」と文書でコメントした。

   司会のみのもんた「これだって議会を通してるんでしょう」

   岡安「名古屋市では、議会の承認が必要なのは8000万円以上のものなので、これは議会を通してないんです」

   おいおい。

   内野雅一(「週刊エコノミスト」編集長)「『あいまいの泉』という名前にして公開したら」

   みの「責任はだれがとるの?」

   片山善博(前鳥取県知事)「税金の使い道ですから、議会がチェックしないといけない。やり方を見直さないと。7000万円は大金ですよ」

   でも、河村市長と議会はいま仲が悪いからねぇ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中