2018年 5月 23日 (水)

角界トバク汚染「(親方は)退くべきは退け」やくみつる悲痛

印刷

   野球賭博や暴力団との交際疑惑でゆれる相撲界。番組では、漫画家のやくみつるが「相撲協会再生のカギ」を語っていた。

調査委員が迫るべき

   「相撲取りつぶしになりかねない状況」「存亡の危機」と深刻な表情のやくは、「退(ひ)くべきは退け」と提言した。この期に及んでは、自分の生活を考えてる場合じゃない。親方は自ら身を退けといったことである。

個人の問題じゃない

   「やくさん」

   鳥越俊太郎が口を挟んだ。

   「朝青龍のときは、朝青龍(個人)の問題だったけどね」

   朝青龍が身を退けばそれで終わった。

   「今回は、力士、親方が相当広くかかわってますよね」

   おそらく鳥越は何人か辞めて済む問題ではないとか、あるいは膿を全部出したら相撲自体が持たないのではという類の懸念を言ったのだと思うが、やくは「調査委員が身を退くようせまるべきだ」と、あくまで(おそらくは数人を)退かせることにこだわっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中