「はやぶさ」カプセル開封に2週間、最終確認は半年後

印刷

   小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルがきのう17日深夜に羽田空港に到着、きょう(18日)未明に神奈川県相模原市の「JAXA宇宙科学研究所」に運び込まれた。はたして小惑星「イトカワ」の砂は入っているのか。

まずCTスキャンで中身チェック

   カプセルはCTスキャンなどで中身を確認した後、11億円かかって作られた特殊な真空装置の中で2週間かけて開封される。小惑星に砂を閉じ込める容器は、カプセルの真ん中にあって、まずカプセルに入り込んでいるかもしれない落下地点のオーストラリアの砂漠の砂やチリを取り除く作業などがあるため、これだけの時間がかかるのだという。

「空くじ」みたいのは嫌だなあ

   さらに、「イトカワ」の砂やほこりが入っているかどうかが確認できるのは約半年後。「どうしてそんなにかかるの。早くみたい」と言うゲストに、司会のテリー伊藤は「本当にあそこの物質かどうかを調べないといけないからね」と説明する。

   キャスターの加藤浩次「入ってて欲しいよねえ。開けてみたら何も入っていませんでしたっていう『空くじ』みたいなのは嫌だなあ」

   入ってるか入っていないか、どっかで賭けたりしてないでしょうね。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中