美人は進化してもテレビは退化 番組じゃなくゲームでやって欲しい

印刷

<恋するダーウィン~美人進化論~(日本テレビ系木曜深夜>新聞のラジオ・テレビ欄に新番組とあったので、一応は見ておこうと見た私の軽率さが恥ずかしい。頼まれたって、もうだれが見るか!

視聴者参加型リアル育成ゲーム

   番組宣伝を見ると、モデル、女優、アイドルの3人の女の子がアメーバピグを舞台に、「イイ女になるためのお題」をあなたをブレーンにクリアしてく視聴者参加型リアル育成ゲームとある。どうやらアメーバピグというゲームがあって、その中に3人を登場させて視聴者が美人に育てていくというものらしい。

   司会は「キャイ~ン」の天野ひろゆきとタレントの吉川ひなので、「これからはやりそうなスイーツを探す」というお題に、女の子たちが街に出かけてこれはと思うものを探して来て、司会者がそれを評点する。ゲーム好きの人ならノレるのかもしれないけれど、ゲームにもはやりのスイーツにもたいして興味がないというムキにはまったくつまらない番組で、制作サイドもそういう人は見てくれなくてもいいということなのだろう。だったら、そんなものは電波を使ったテレビではなく、ゲームでやってくださいよ。

   このアメーバピグというのは、仮想空間でさまざまな機能を楽しむサービスだそうで、運営しているのは「サイバーエージェント」という会社。番組はこの「サイバーエージェント」の1社提供だった。結局、番組そのものがこの会社のサービスへの入口になっているということで、こんな番組を制作して放送する神経がわからない。美人は進化するのかもしれないが、テレビ番組の退化の方が心配だ。

      CMと  中身の区別  つきまへん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中