2018年 7月 21日 (土)

たわいない「ソントク話」並べただけのお遊び 見て損した…

印刷

<がっちりアカデミー!!(TBS系金曜夜)>「人間だれだって『ソン』したくない!できれば1円でも『トク』したい!」というのがキャッチコピーで、経済アナリストや公認会計士、流通ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士などが「ソントク先生」と称して出演し、「トクなように見えてソンな話」「ソンのように見えてトクな話」を毎回紹介、それをスタジオゲストたちが「ヘ~ッ」と感心してみせるという番組である。

ワイドショーの1コーナーにもならないネタ

   たとえば6月11日の放送では、経済評論家の勝間和代が出てきて、「女性は結婚相手を探す時、年収600万円以上の相手を探すと『ソン』」と主張する。都内で年収600万円以上の25~34歳の未婚男性は3・5%しかいないので、年収にこだわりすぎると婚期が遅れてしまってソンということらしい。そこで、番組があるお見合いパーティーの会場に出かけて実際に調査してみたら、男性18人中、年収600万円以上は1人しかいませんでした、ホラネというわけだ。

   流通ジャーナリストを名乗る金子哲雄は「夫にするなら鉄道オタクを選ぶと『トク』」といい、理由は出世するからで、TBS内を調べてみたら、チーフプロデューサー、アナウンス部長、CG部長、スポーツ局長、技術センター長ら幹部に鉄道オタクがいっぱいだったので、ホラネ。

   このほかにも、「国際電話はある番号にかければ料金が無料になるので『トク』」、「マンションを借りるなら家賃0円の物件が断然『トク』」、「男も女も初恋の相手と結婚すると『ソン』」なんていうのもあった。

   いずれもたわいない。年収600万円の話は世の中を普通に見ていれば「言われるまでもない」と思うし、鉄道オタクの話にいたってはおよそ説得力がない。それを自局の仲間内を調べただけで納得しろというのはひどすぎる。ワイドショーの1コーナーになるかならないかのネタを並べて、金曜夜に1時間というのは視聴者をナメちゃいないか――。

      ソントクは  二宮尊徳さんに まかせよう
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中