2018年 7月 22日 (日)

やっぱり広末のタイプじゃなかった?1年前の永井大アタック宣言「空振り」

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>今月初め、広末涼子と永井大の破局を「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)が取り上げ、芸能担当レポーターのみといせい子は、真剣交際が伝えられたことし1月、「永井がメチャメチャ暗くなっていて、(交際は)もうダメなのでは」という予感がすでにあったと話した。「芸能専門家」の間では、破局は予想通りということだったらしい。

   しかし、1年前の「スッキリ!!」は、永井の広末アタック宣言を面白そうに取り上げていた。広末の自宅で誕生日を祝ってもらった永井が、「現在は交際していないが、今後はお付き合いしたい」とマスコミに話したというのだ。

   これをめぐって、広末ファンという弁護士の八代英輝が、永井は広末のタイプではないのではないかというようなコメントをすると、キャスターのテリー伊藤は「何を言ってるんだ。それは主観」と反論、期せずして「広末のタイプ論」が展開された。

   結果は八代の読みが当たった格好だ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中