やっぱり広末のタイプじゃなかった?1年前の永井大アタック宣言「空振り」

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>今月初め、広末涼子と永井大の破局を「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)が取り上げ、芸能担当レポーターのみといせい子は、真剣交際が伝えられたことし1月、「永井がメチャメチャ暗くなっていて、(交際は)もうダメなのでは」という予感がすでにあったと話した。「芸能専門家」の間では、破局は予想通りということだったらしい。

   しかし、1年前の「スッキリ!!」は、永井の広末アタック宣言を面白そうに取り上げていた。広末の自宅で誕生日を祝ってもらった永井が、「現在は交際していないが、今後はお付き合いしたい」とマスコミに話したというのだ。

   これをめぐって、広末ファンという弁護士の八代英輝が、永井は広末のタイプではないのではないかというようなコメントをすると、キャスターのテリー伊藤は「何を言ってるんだ。それは主観」と反論、期せずして「広末のタイプ論」が展開された。

   結果は八代の読みが当たった格好だ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中