2018年 7月 23日 (月)

人生やり直しは楽しい!満足!…そりゃ脱サラ成功組だもの

印刷

<日曜ビッグバラエティ「やり直し人生列伝」(テレビ東京系日曜夜)>テレビ東京系はやはりサラリーマンの視聴者を意識しているためか、この種の番組が好きだ。6月13日(2010年)の放送は、それぞれが大変なエリートサラリーマンだった人が、いろいろな事情、目的で脱サラし、第2の人生を成功させ、楽しくやっているというレポートだった。

その裏に累々たる失敗組

   登場した脱サラ組は9人――。

☆福島県で農家になった農林水産省の官僚
☆鳥取県の漁師になった住宅メーカーやり手営業マン
☆紙芝居屋になった小学校校長
☆卓球居酒屋を開業した大手生命保険会社部長
☆石垣島でカフェレストランをオープンしたソニー設計技師
☆耳かき創作職人になった愛知県碧南市職員
☆津軽三味線の弾き語りに転身した音響メーカー社員
☆便利屋になったレジャーランド社員
☆メダカ専門店を開いた大手家電グループ社員

   いずれも収入はサラリーマン時代の半分から、へたすりゃ4分の1にまで減ってしまったが、あこがれの仕事をして暮らしたいという夢を叶えられて満足しているという。

   人生やり直しはできるのかというのがテーマだが、要するに転職・脱サラ礼賛! 夢をあきらめることなく、大きく1歩踏み出して良かったというお話なのだが、それはそうだろう。取り上げられているのは脱サラ成功組ばかりだ。その裏には何十倍、何百倍もの失敗組がいて、いまも厳しい現実にあえいでいるはずである。そのへんは見ないことにして、うまくいった人の話を並べただけなので、一つ一つの話は消化不良気味、どこかで以前見たような人も登場していた。この番組のポイントは、登場した人たちが捨てた「会社」や「肩書き」だ。人生でそうしたものが本当はたいした意味を持たないことを、番組は言いたかったのだろう。

   ただ、私は転職はあまり賛成しません。経験からいうと、人生のやり直しは相当大変なことになります。やめといた方がイイヨ。

      年収と  肩書き捨てれば  天国さ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中