戦力外パイレーツ岩村 「何苦楚魂で乗り越えたい」

印刷

   MLBピッツバーグ・パイレーツの岩村明憲が、およそ2か月ぶりに更新した6月20日(2010年)のブログで、戦力外通告を受けた現在の胸の内を語っている。

「なかなか更新する事ができずにすみません」

   岩村が戦力外となったのは、パイレーツの若手選手の中から有望株をメジャー昇格させるために、40人の登録枠の中から外されることになったからだ。ゼネラルマネージャー(GM)には10日間でトレード先を探すか、3Aでプレーすることを告げられている。

   今シーズンの岩村は極度の打撃不振だった。本人は「こういう結果を招いてしまったのは、自分の責任です」と語る。昨年怪我した左膝については「大丈夫」だが、「これからどうなるのかは、はっきり言って自分自身も分かりません」という。

   ただ、数字には現れていないが6月に入って、少しずつ手応えをつかんでいるのは間違いない。なによりも「今まで数多くの試練を何苦楚魂の精神で乗り越えられました。今回も何苦楚魂の精神で乗り越えたいと思います」という気持ちが逆境の岩村を支えている。

   今は気持ちを切り替えて自主練習に取り組んでいるところだ。また動きがあれば報告したい、としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中