ゴールデンなのに出てくれる歌手いない?音楽新番組2か月で末期症状

印刷

「ザ・ミュージックアワー」(TBS)2010年6月15日21時~

4月に新番組として取り上げ、その際に番組最大のウリは生放送と書いた。が、予想通りというか、ヒトケタ続きの低視聴率に喘ぎ、わずか2ヶ月にして早くも方向転換。6月からは最大のウリであった生放送をあっさりやめてしまい、あろうことか別撮りで収録した2回分を半分ずつに分け、2週に亘って放送するというセコさ。このいきあたりばったりなところがいかにもTBSだ。
   この日のゲストは前の週と同じで、郷ひろみ、相田翔子、黒木メイサ、里田まい、千昌夫、千秋、真琴つばさ、YOU。一見、豪華そうだがひとりひとりをよく見ると、今週のシングル売り上げベスト10に入るような旬の歌手やグループはおらず、それどころか、相田、里田、千秋、YOUという昔、歌っていたこともあるが、今ではバラエティの賑やかし要員ばかり。真琴つばさも、元宝塚のトップスターだかなんだか知らないが、新曲を出したと披露されてもそういうのはファンクラブの集いでやってもらえないだろうか、という感じ。郷ひろみにしても千昌夫にしても過去の人といった感は否めない。特に千昌夫に至っては、昔、金持ちでハワイにホテルを所有していたなどと自慢話をされたところで、なんの興味ももてない。こんな目玉なしの寄せ集めキャスティングで視聴率がとれると思っているのだろうか。あるいは出てくれる歌手がいない?! 始まって2ヶ月で早くも末期症状。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中