「官房機密費の話は無理」出演拒否の評論家たちは「やっぱり……」

印刷

   政治評論家に数百万円を現金で盆暮に配った、新築祝いに3000万円要求してきた評論家がいた――。野中広務元官房長官の爆弾発言以来、官房機密費とメディア問題がくすぶり続けている。番組はこの件を小さな国会の「証人喚問」で取り上げるにあたり、「政治評論家など」に出演を依頼したという。

   しかし、レスポンスは芳しくなく、十数人に断られたうだ。ある大物評論家は「機密費問題には興味がない!」と言い、ある大物ジャーナリストは「その内容では出演しない!」

   そのほか、「その話は無理!」「お歳暮お中元はもらったが、その出所などは知らない!」などの返答も。スケジュールの都合で断られたケースも含まれるという。

定かでない配布リストやメモの信憑性

   スタジオでは「ショックだな~」(ふかわりょう)など、「出演拒否」にオドロキと疑いの声があがった。ちなみに、番組レギュラー格で今回未出演だった評論家系には、「政治コメンテーター」の肩書を持つ金美齢、経済アナリストの森永卓郎らが思い当たる。

   そんななか、政治評論家の有馬晴海、政治ジャーナリストの上杉隆が証人として出廷した。2人とも機密費などは受け取ってはないが、政治家側から怪しげなカネを渡されそうになったことがあると証言した。また、竹田圭吾・ニューズウィーク日本版編集長も機密費の受け取りを否定した。

   この問題を取材している上杉は、「問題は根深く、(小泉政権以前の)メディア幹部ももらってる疑い」を指摘するが、実名や具体的な話は出てこない。関係者は「なにを聞いても答えない」状況があり、逆に「俺の名前を出すなら、絶対にお前を許さない」「番組に出られないようにしてやる」など脅迫めいたことも言われているという。

   また、機密費の配布リストやメモなどがあっても、信憑性が定かでない。秘書経由などでカネを渡し、領収書も要らないので、たとえば秘書が機密費を中抜きして、帳尻合わせに評論家の名前を書いてるかもしれないという。

「私はもらっていない」太田ソーリ説明責任

   もうひとりの重要な証言者は、この番組の太田光総理(爆笑問題)である。ソーリは「自分は機密費をもらってない」と真剣な表情で明言したうえで、上杉の主張するようなメディア全面汚染については懐疑的な口ぶりだった。

「上杉さんの話だと、どこも放送しない、メディアは口をつぐんでる、日本のメディアはぜんぶダメだとなっちゃうけど、俺はそのなかにいて、そうは思えない。私はまったくないですよ」
「じゃあ、なんで十数人も出演を断ったんですか」

   上杉が厳しく質問すると、「それ(出演拒否)はおかしいと思います」とソーリ。

   おそらくソーリは、少なくとも自分(たち)はクリーンだとアピールしたかったのだろう。お笑いタレントが政府からのウラ金を繰り返しマジメに否定する政治TVショウというのもなんだか滑稽だが、視聴者だって滑稽なほど疑い深くならざるをえないのだ。一視聴者として、ソーリが説明責任をはたしたことは高く評価したい。ただ、それ以外の点では隔靴掻痒気味な番組内容ではあった。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中