2018年 7月 21日 (土)

W杯どこでだれとテレビ観戦してる?

印刷

   サッカーファンたちはW杯をどこで、だれとテレビ観戦しているのだろう。「ビデオリサーチ」が東京、埼玉、神奈川、千葉の4800人を対象に、「日本対カメルーン」の試合について面白いアンケート結果を発表した。

   まず、カメルーン戦を観戦したのは6割強で、最も多かったのは20~34歳の男性の75・2%、逆に最も少なかったのは15~19歳女性の43・3%だ。観戦した人の95・6%が自宅のテレビで実況中継を見ていた。スポーツバーやスタジアムでみんなで盛り上がっていたのは少数派だったのだ。

   見ていたチャンネルは95・1%がNHKの地デジかアナログ、スカパーは1・4%に過ぎなかった。地デジを見ていた人の中で18%がデータ放送を利用していて、「日本代表の情報」「大会の最新情報」をチェックしていた。

   自宅観戦が大半なので、家族と一緒に見たという回答が多いが、42型以上の大型テレビほど「ファミリー観戦」の比率は高く、31型以下の小型テレビになると「一人観戦」が増える。ワンセグで見た人で最も多いのは15~19歳女性、次いで15~19歳男性、20~34歳男性が続く。ワンセグで見た理由は「ゲームが帰宅途中で始まってしまった」「お風呂に入っていた」「トイレでテレビから離れてしまう」「自宅にテレビがない」などだった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中