板東英二が漢検受験「俺ってこんなに気が弱かったのか」

印刷

   元プロ野球選手でタレントの板東英二が漢字検定を受験した。試験会場には板東を含め2人だけ。試験が始まると緊張は極限に達して手が震え、「ミミズが這った」ような字になってしまい、「俺ってこんなに気が弱かったのか」とショックを受けた。

   結果は40日後にわかる。確実に間違えたのは、漢字が3問、送り仮名が1問、誤字訂正が1問。前回は5点足りずに落ちただけに、ほかにも「どれだけ間違えてるのか」と不安が残る。(2010年6月21日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中