発見あり、感動ありでバラエティの真骨頂見せた3時間SP

印刷

「1億人の大質問!?笑ってコラえて!3時間 日本の未来は大丈夫だ 見上げた心がけの若者だらけスペシャル!!」(日本テレビ)2010年6月16日19時~

1996年から続く人気バラエティ番組の3時間スペシャル。「吹奏楽の旅2010」では吹奏楽の神様率いる2年連続全国大会出場の名門校鹿児島情報高校に密着し、「日本列島 チアリーディングの旅」では部員不足に悩む北陸の強豪校富山商業高校に密着していた。最近、ドラマの学園モノは不良ばかりが目立ち、辟易とするが、こんなふうに部活に打ち込む生徒の姿を見るとほっとする。
   今回の「ダーツの旅」はフランスパリへ。ダーツが刺さったのが「サンジェルマン大通りからちょっと入ったところあたり」だったので、スタッフはその場所を目指しパリへ飛ぶ。ダーツの刺さった場所から半径300メートルの外周をぐるっと探索するのだが、かの有名なノートルダム寺院は半径300メートルの外に出てしまうということで遠景だけを見せてパス、というのがいかにもこの番組らしい。で、パリ№1のパン屋さんや、世界一古いマジックショップ、パリ唯一のマンガカフェなどを紹介していた。 ほかに憧れの職業を目指して専門学校で真剣に学ぶ「日本列島 金の卵の旅」や、オペラ界最高峰のプッチーニフェスティバルに初演される新国際版「マダムバタフライ(蝶々夫人)」の国際オーディションに潜入した「全世界 歌姫の旅スペシャル」など。笑いあり涙あり驚きあり発見あり。充実の内容で楽しめた。本来、バラエティとはこういうものなのだと思う。

(白蘭)

採点:2.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中