2018年 7月 19日 (木)

有給2日取って2週間で退社 マツダ殺傷男の不可解

印刷

   無差別に11人を車ではねて殺傷。22日に広島市内のマツダ工場で起きた事件は、東京・秋葉原の大量殺傷事件を思い起こさせる。

   事件はマツダ宇品工場の敷地内で起きた。出勤時間帯の午前7時半すぎ、警備員の制止を振り切って車が工場敷地内に侵入、歩いていた人を次々に襲い、1人が死亡10人が負傷した。

   この間わずか8分足らず、車は別の門から逃走した。敷地内にはこの車のブレーキ痕は一つもなかったというから、人を襲うために侵入した計画的な犯行なのだろう。

腹がたってやった

「わしがやった。腹がたってやった。畑賀峠におるけ来い」

   逃走から15分後、犯人から警察に110番通報があった。工場から5キロ離れた山中に警察が駆けつけると、ボンネットが大きく凹み、フロントガラスが割れたマツダ「ファミリア」が駐車しており、車内から刃渡り18センチの包丁が見つかった。運転席にいた男を殺人未遂、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

   男はマツダの元期間従業員、引寺利明容疑者(42)=広島市安佐南区。これまでの調べに対し、引寺は「マツダを2か月前にクビになり恨みがあった。精神的にムシャクシャして人をはねた。殺すつもりだった」と自供しているという。

   マツダの説明によると、今年3月下旬に期間従業員として採用、6か月の契約で4月1日から勤務したが、本人が「一身上の都合により退職したい」と願い出て、同月14日に退社したという。

   この2週間の間に有給休暇を2日間取っており、働いたのは実質8日間。マツダは「誰かとトラブルがあったとか、異常などの事象は見受けられなかった」と説明している。

   死亡したのはマツダの男性社員(39)。妻と生後10か月の娘と3人暮らし。突然の訃報に妻は「夫が突然このような事件にあい、大変ショックで言葉もありません」と茫然自失だ。 なぜ、無差別に11人も死傷させたのか、わずか8日間の勤務にどんな揉め事があったというのか、犯行に及んだのが2か月後というのも解せない。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中