2018年 7月 16日 (月)

小谷真生子が離婚前にグチっていた「亭主運」の悪さ

印刷

   小谷真生子キャスター(テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」)が離婚していたそうだ。前夫が「家計を助けて」などと要請したのがきっかけで夫婦仲がこじれたという。しかし前夫はオークション会社社長で、番組によれば、祖父は財界総理。高級住宅地で暮らすセレブ一族。そんなセレブがなんで奥さんに「家計を…」などと、庶民じみたことを言い出したのか。そこにはやはりウラがあったようだ。

セレブ前夫に多額の借金?

   山崎寛代リポーターが小谷に近い人に聞いたところでは、数千万円の収入があると言われる夫には、じつはかなりの額の借金があった模様だという。小谷は「わたしはいつもこういう男に捕まるのよ…」と周囲にもらしていたそうな。「いつも」とは、思わせぶり。小谷は前夫とは再婚で、元夫はジュエリーデザイナーだ。その才能にほれこんで結婚したが、その後(会社が?)経営不振になり、離婚したとも言われてるんだそうな。

   ビジネス番組のキャスターのわりには、資産や決算状況の把握があまり得意ではないようで…。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中