「TBSに大喝!!!」「張本勲は喝!」江川紹子出演停止

印刷

「サンデーモーニング 番外編」(TBS)2010年6月20日8時~

   既に報道されている野球評論家・張本勲とジャーナリスト・江川紹子とのバトルについての私見。簡単な経過はこうだ。5月23日の放送で、張本が前日の試合で途中降板した楽天の岩隈投手を非難した。「エースなんだから降りるのは無責任だ、喝だ」と言ったことに対し、江川が「えーっ」と異議らしきニュアンスの嘆声を発した。これに怒った張本が江川を「降ろせ」と局に詰め寄り、TBS側は張本の要求を入れて江川を当分出演停止にしたのだそうだ。
   筆者は5月23日のこの瞬間を見ている。で、20日にはやっぱり江川の出演はなく、張本は野球教室とかで地方からのバーチャル出演をしていて、この件に関する何の説明もなかった。少なくとも筆者が見ていた9時半頃までは。江川が「えーっ」と納得しない表現をみせた時、筆者も江川と同じ感想をもった。何故ならば、張本は未だに彼が現役だった頃の精神論でものをいう古臭い人だからだ。
   今のカッコいい若者たちは、エースだからどうあるべきというようなツッパリはしないのである。以前、日刊スポーツ紙に、日本シリーズで西武の涌井投手が、「クール過ぎ涌井」と書かれた様に、激高もしなければ精神論だけで死んでも頑張る風なことは今日びの選手たちには無縁なのである。TBSのバカ対応がこれに輪をかけていて、オウム事件の時を髣髴とさせる情けなさだった。張本に「喝!」、TBSには大「喝!!!」だ。江川紹子のツイッターは納得である。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中