2018年 7月 22日 (日)

決勝Tで対決「パラグアイ」ってどんなチームなんだ?

印刷

   日本代表にとって決勝トーナメント「ベスト16」の対戦相手となる南米パラグアイ。パラグアイはFIFAランク31位、W杯最高成績はベスト16入りで、4大会連続8度目の出場という手強い相手だ。

   そこで、早々と田中大貴アナが番組恒例となった対戦相手の「徹底研究」を行った。

主要産業は「農業とサッカー」

   パラグアイは日本の1・1倍とほぼ同じ広さだが、人口は600万人と20分の1。しかし、牛は多い。人口の2倍という。

弱点はどこです?

   おもな産業は農業で、あえてもう一つあげるとすれば、サッカーというくらいサッカーが国技として浸透している。

   子供が生まれるとサッカーボールをプレゼントするのが習わしで、子供たちは親への恩返しに、外国のクラブに入って活躍するのことを夢見て練習する。

   ただ、サッカー環境はよくない。芝のピッチはほとんどなく、ボコボコのグランドでボールもうまく転がってくれない。高価なシューズは買えないから、素足で練習しているという。

   こうしたことから、パラグアイチームの特徴は、ディフェンスが自陣奥から相手ゴール近くいる味方FWにロングパスしてゴールを決める戦い方。日本代表が「青いサムライ」なら、パラグアイは百戦錬磨の「野武士」といったところか。

   今年1月、パラグアイ代表に悲劇があった。エースのカバニヤスがメキシコで銃撃され、一命は取り留めたが、W杯には出られなくなった。

   キャスターの小倉智昭「申し訳ないが、パラグアイにとってかなりのマイナスと思っていい。で、弱点はどこにということですが…」

   98年のフランス大会で岡田ジャパンのコーチを務めた小野剛が次のように分析する。

「ディフェンスがすごくいいチーム。一人ひとりの能力も高いし、粘り強い。でも、相手がどうのこうのというよりも、今の日本の勢いを前面に出して勝負してほしい」
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中