テリー伊藤「優勝が見えてきました」 都並敏史「そこまでは……」

印刷

   「日本代表やりました」とMC加藤浩次。テリー伊藤、葉山エレーヌ・アナは「バンザーイ」「バンザーイ」と繰り返す。日本が3-1でデンマークを破り、決勝トーナメント進出を決めたのである。勝ち方も鮮やかで、加藤は「カンペキ」と評した。

世界が日本にビックリ

   前半17分、本田の無回転フリーキックで先制、30分に遠藤がフリーキックで中押し、後半1点差に迫られたところで42分、岡崎がダメ押しゴール。こういうときのVTRは何度見せられても気分がいい。

日本代表やりました

   きのう(6月24日)の「スッキリ!!」で1-1の引き分けと予想した都並敏史(サッカー解説者)は、「3-1は想像つかなかった。守備は気合いが入り、攻撃のときはリラックスしていた。強かった」と絶賛する。都並は「日本のすごい組織力、個人の良さ、本田のうまさ、と世界がビックリしていますよ」とも言う。たしかに、優勝候補オランダには惜敗したものの、格上のカメルーン、デンマークを退けての勝ち上がりは称賛に値する。

   テリーは「勝つごとに強くなっている」と言い、「完全に優勝が見えてきましたね」とブチ上げる。これには都並も「そこまでは言えない」としつつも、「大会が終わったら情報が漏れてくると思うけど、(日本チームが)一つになるために努力した何かが必ずあるはず」と勝因に触れた。

   スタジオが快い興奮に包まれる中、番組は次の対戦相手パラグアイの戦力分析に移って行った。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中