パラグアイ戦みのもんたの強気予想に意地悪な声「水曜朝が楽しみ」

印刷

   前夜から未明にかけて行われたサッカー・ワールドカップの2試合で、たて続けにおかしな判定が出た。まあ、審判とはそういうものだというのか、選手たちも渋々従っていたが、見てる方は興ざめだ。

鼻白ませた2つの明らかな誤審

   おかしな判定のひとつは、ドイツ・イングランド戦。ドイツが2-1でリードしていたとき、イングランドのランパードのシュートがバーに当たって、ゴールエリア内に落ちたのが認められなかった。同点になって仕切り直しか、という大事な場面だった。

地球の裏に朝が来る

   もうひとつが、アルゼンチン・メキシコ戦。アルゼンチンのメッシのシュートをキーパーが止め、こぼれたボールをメッシがパス。これをテベスが頭で押し込んだのだが、テベスの位置は明らかにオフサイドだったのに、ゴールとされた。

   みのもんた「審判のミスはあったが、文句をいってもしょうがない」

   しかし、解説のラモス瑠偉は「(イングランドは)あれで試合の流れを変えられたんだけどね」

   あらめて問題のシーンを見ても、疑問の余地はない。あきらかに誤審だ。野球ならビデオ判定というのがあるが、サッカーは遅れてるのか。番組ではカナダ・トロントで開催されているサミットで、英独の首相が並んでテレビ観戦している映像も流れたが、誤審のとき2人がどんな声を発したかも知りたかった。

「4―0」無理でも「3-0」で日本

   みのは誤審判のことより、組み合わせ表のパラグアイを指で叩いて、日本との対戦を心配する。「4-0で日本」と言っていたのを、今朝は「3-0」に修正した。高畑百合子アナは「(試合翌日の)水曜の朝が楽しみです」なんてニヤニヤ。

   ラモスは強気で一貫して「大丈夫、大丈夫」。スコアはみのの「3-0」に対して「2-0」。攻め上がってのシュートがひとつ、フリーキックがひとつだとする。過去の対戦成績から苦戦を予想する声にも、「過去はどうでもいい」「パラグアイには死角がある」などなど。

   そのパラグアイとがどんな国かも延々とやったが、みのは「地球の裏に朝が来るぅ」と歌ってみせて、「いま笑った人は私と同年代です」(笑い)。いい気なもんだ。高畑じゃないが、水曜日の朝が楽しみ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中