2018年 6月 25日 (月)

W杯「蚊帳の外」だったTBS系 「パラグアイ戦」で最高視聴率ねらい

印刷

   予選リーグで日本は3敗、良くて2敗1分なんていわれていた開幕前の予想などすっかり忘れて、決勝トーナメント進出が当たり前だったかように日本中が大騒ぎしているが、とりわけ喜んでいるのはTBS系のテレビ局だ。なにしろ、1次リーグの日本戦でNHK、テレビ朝日系、日本テレビ系が30~40数%という超高視聴率を叩き出しているのに完全に『蚊帳の外』。指をくわえて見ているほかなかった。

   ところが、『番狂わせ』の1次リーグ突破で、TBS系が中継するあす6月29日の決勝T第1回戦「日本対パラグアイ」が、にわかに「日本代表最大の見せ場」になった。試合時間も午後11時キックオフと申し分なく、NHK・BSの生中継もない。ことによったら、今大会最高視聴率になるかもしれないと、TBSの期待はいや増すばかりなのだ。

   スタジオゲストとしてEXILEのMAKIDAI、KENCHI、TETSUYAを出演させ、3人が今月2日にスイスで高地キャンプ中だった日本代表を訪ねたときのVTRなども織り交ぜて、まあ、思いっ切り盛り上がろうと手ぐすねを引いている。はたして思惑通りとなるかーー。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中