DF長友がパラグアイ戦で母に送った「感動メール」

印刷

   ほぼ日本代表の話題一色となった番組の中で、最も感動を呼んだのは、パラグアイ戦の前、DF長友佑都(23)が母・美枝さんに送ったメール。ケータイを見ながら美枝さんが読んだ。

「苦しいときも辛いときも皆で乗り越えてきた。楽しいときは皆で笑った。この仲間が俺は大好きや。(美枝さんが涙声になる)みんなのために走るよ! 全力で戦うよ! すべてに感謝」

「みんなのために走るよ!」

   画面の一角(ワイプ)に、涙をぬぐうスタジオゲスト・都並敏史(サッカー解説者)の姿。

隣のお兄ちゃんの感じ

   都並「長友、いい子だね。感動した。素直な心、感動できる心がある選手って素直に伸びて行けるんですよ。すごいと思う、お母さんを大切にしてメールを出せるって」

   MC加藤浩次が「長友選手は明大当時、試合に出たり出なかったりだった」と、必ずしも有名でなかったと説明すると、感激屋のサッカー解説者は「1戦1戦、急激に成長している。ものすごい勢いで伸びているのは素直力もあるのでは」と続ける。

   テリー伊藤は「顔もいいよね、下町顔。隣のお兄ちゃんって感じ」とコメント。スタジオ陣の賛同は得られなかったが、素朴な風貌をそう表現したのか。

   それはともかく、「親としては誇りだろうね。みんなに愛されてさ。日本中が応援してくれる子どもを持っているんだから」(テリー)というのは、そのとおりだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中