浅野ゆう子の若奥さま風「山の駐在さん」こんなのあり!?

印刷

「女刑事みずきスペシャル」(テレビ朝日)2010年6月24日20時~

   かつて国会議員を誤認逮捕して、鄙びた山村の駐在所に左遷された女刑事・大場みずきが、うりざね顔に厚化粧で長い髪を垂らした若奥さま風の浅野ゆう子では、ピンと来ないこと夥しい。こんな駐在お巡りさんがありか。一方の役付き女刑事・橘玲子は高畑淳子で、彼女は男勝りでテキパキしたキャリア女で現実にもいそうである。
   この2人が、仲間に犯人がいるらしいというので、密かに会って事件を解決してゆくお話だ。但しドラマとしては子供だましレベル。
   テレビ朝日は警察もので高視聴率を稼ぎ、今や連ドラのテレ朝は刑事だらけといっていいのだが、2時間ドラマまで刑事ものでは節操なさすぎだ。渡瀬恒彦の「おみやさん」、内野聖陽の「臨場」、沢村一樹の「警視庁失踪人捜査課」などなど、これに加えて来期は、沢口靖子の「科捜研の女」だの木村佳乃の「警視庁継続捜査班」だの、オダギリ・ジョーの「熱海の捜査官」だの、またもや渡瀬恒彦の「新・警視庁捜査一課9係」だの、警察ものの視聴率がいいとなったらドドドーッと似た企画に殺到しての金太郎飴状態。
   もっと他に新しい知恵を出さんかい。見ている方は、渡瀬がやれば京都の「おみやさん」だと思うのに、来期は警視庁のタヌキオヤジなる設定の係長刑事とは大混乱である。2クール連続で別の刑事役というのはやめた方がいい。名前も覚えられない。浅野ゆう子もいつか別の刑事の連ドラ主演になったりして、もう、勘弁願いたい。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中