日本代表のW杯終わり…さて、記憶に残った名場面は?

印刷

   日本にとっての2010南ア・ワールドカップが終わったところで、スタジオ陣が「記憶に残る名場面」を選ぶ。

   司会のテリー伊藤は「開催国の南ア・チャバララ選手が挙げた大会初ゴール」

   チャバララの出身地が差別の残る貧しい町で、そこからヒーローが生まれたとあって、喜んだ地元の子どもたちが、みんなサッカーをやり出したというエピソードを紹介。「国を背負ってゴールをしたと改めて感じた」とテリーは言う。番組としては日本代表関連でまとめたかったと思われるが、テリーの狙いは別にあったようだ。

中村俊輔がみんなをねぎらうシーン

   コメンテーターの本村健太郎(弁護士)も海外ネタで「フランスのグループリーグ敗退」

素晴らしい選手

   前回大会の準優勝国ながら、監督を批判した選手がチームから追放され、その決定に反発した選手たちが練習をボイコットするなど、内紛騒ぎを起こした。

   MC加藤浩次が「日本と真逆なんですよね。いい選手がいても、まとまりがないと勝てないサッカーのむずかしさを教えてくれた」と解説。本村も頷いていた。

   そして、サッカー通のMCが選んだのは、「サブに回った中村俊輔がみんなをねぎらうシーン」

   ハーフタイムで戻ってきたレギュラー連に水を渡したりするなど、ずっと代表の核だった選手が、なかなかできないことをやって、チームのために尽くしていた。加藤は「ケガがあって調子が悪かっただけで、素晴らしい選手であることは間違いないですから」とつけ加えることを忘れなかった。

   しばらくの間、こういう話が世界各地で交わされるに違いない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中