映画「ザ・コーブ」公開続ける小さな映画館の気骨

印刷

   日本のイルカ漁を取り上げたドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」。3日から国内封切りとなったこの映画は、日本人を差別する反日映画だとかいう理由で、一部の団体などが上映を予定していた映画館に抗議活動などを行い、数館が上映中止に追い込まれている。

   そんななか、予定通り公開を果たした横浜市の映画館を番組は取材していた。昔ながらの商店街のなかにある感じの、見たところこじんまりとした映画館だ。そこにも、公開予定を知った「市民団体」が街宣にやってきた。横断幕を広げ、拡声器を使って「○○は上映を中止しろー」とがなり立てる。○○は経営者(支配人)の名前である。

支配人の自宅に押しかけた「市民団体」

   支配人は公開をやめるつもりはない。約2年前、やはり物議をかもした映画「靖国」のことが心にひっかかっていた。上映予定だったが、抗議を受けて中止した映画だ。「上映中止の声に屈した訳ですから、やっぱり恥ですよね。もう同じことを繰り返しちゃいけないと」

   「抗議」に名を借りた嫌がらせのような行為には、対抗策を取った。裁判所に申請した結果、映画館から半径100メートル以内での大声、拡声器の演説を禁止する仮処分決定が出た。

   すると、その2日後の朝方。「市民団体」は上映中止要請文を届けるとして、数人で自宅におしかけ、その「抗議」を自ら撮影してインターネットに掲載した。筆者が思うに、同じようなフレーズを拡声器でわめき散らすよりは、要点をまとめた文章を渡すほうが若干知的な感じはするが、なぜ問題の映画館ではなく、自宅を訪れる必要があったのだろうか。

   当時、支配人はたまたま家に不在で、対応したのは高齢と思しき支配人の母親だった。男性が「あなたそれ考えたことあんの、母親として。よろしくないよ、これは!」などと、居丈高に上映反対の考えを説教する。朝の住宅街に横断幕を広げ、拡声器で「演説」し、近所の人が遠巻きに見守る。

まず見てもらいたい

   支配人はそれでも慌てず騒がず、「たくさんの人に映画を観てもらいたい」と粛々と準備を進めた。コスト増は痛いが、客の安全を考えて警備員を雇う。「お客様にケガがでること、それが一番怖いんで…」

   そして迎えた7月3日の公開日。右翼団体と警察の押し問答で騒然となる一幕があったが、そう大きな混乱はなくその日は終わったようだ。だが、お客の入りは予想を大きく下回った。疲れ切った表情の支配人は「やめっか、上映」とキレ気味に言い放った。

   VTRはそこで終わり、それから支配人が何をどう考えたのかはわからないが、7日現在、映画館の公式サイトには16日までの上映予定が掲載され、終了日は未定となっている。

*NHKクローズアップ現代(2010年7月6日放送「映画「ザ・コーヴ」問われる『表現』」)

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中