政界も角界も芸能界も「一寸先は闇」 投票前と名古屋場所前に必読この記事

印刷

   「ダイヤモンド」が消費税の大特集を組んでいる。民主党、自民党ともに10%アップを謳っているが、財政再建には「14~19%アップ」しなければ、社会保障制度改革と財政赤字の削減を並行してはできない、今の消費税制度は欠陥だらけだなど、消費税を考える上で参考になる問題提起や、菅首相の知恵袋といわれる小野義康大阪大学社会経済研究所所長を登場させて、多角的に論じている。

「(消費税が=筆者注)10%。20%となれば、ひずみも拡大される。国も事業者も早晩、直視せざるをえなくなるだろう」(ダイヤモンド)

   投票前に必読である。

   菅直人首相が笛吹けど踊らぬ民主党候補たちに業を煮やし、首相自ら消費税など税制改革の必要性を訴えるメールを出したそうだが、踊る者はほとんどいないようだ。

関心はすでにポスト菅 『次』の人気はダントツ岡田

   「週刊現代」が政治記者72人にアンケートしている。民主党の予想獲得議席数では、「もっとも多かった回答は『51~54議席』で、33票。『50議席以下』という予想も16票あった」とし、菅首相が勝敗ラインとしている54議席は苦しいと考えている記者が多いようだ。そうなると、9月にある代表選挙で、菅おろしが本格化することは間違いない。注目は次の首相だが、一番人気は相変わらず岡田克也外相が(18票)圧勝している。

   興味深いのが、小沢一郎前幹事長が離党するかという問いに、約半数の34人が「する」と答え、その場合、追随する議員の数は20人以下(20人)、50人程度だろう(34人)と、それほどいないと見ているようだ。

   だが、近い将来、政界再編が起こるかという質問には、52人もの記者が「起きる」と答えている。その理由の中で納得できるのは、「今回の参院選も、民主党と自民党はほとんど政策が同じで、有権者が選べない。『安全保障』『経済』『社会保障』と、何でもいいから理念が一致する人たちで政界再編をして、スッキリしたほうがいい」(全国紙記者K氏)という意見であろう。

   「AERA」は、政界のドンを自認するナベツネこと渡辺恒雄読売新聞主筆にインタビューしている。渡辺氏は、今後、亀井静香と小沢一郎が連携する可能性はありうるとし、小沢氏は9月の民主党代表選挙に自ら立候補すると読む。

「68歳の彼にとって最後の勝負だ」(渡辺氏)

   小泉首相の「郵政選挙」、鳩山代表の「政権交代」、そして今回は、何をトチ狂ったか、菅首相は「消費税選挙」という、国民に極めてわかりやすい争点を選挙のスローガンにしてしまった。

   菅首相は、自民党も同じ政策を掲げているではないかというが、小さな政党からはい上がってきたために、自らが政権政党のトップであるという「自覚」に欠けていたとしか思えない。週刊誌の議席予測、新聞の世論調査を見ても、菅首相が掲げる54議席には届きそうにない。

   「週刊新潮」は民主党が過半数をとったら、「人権侵害救済法」「夫婦別姓法」「外国人参政権」という、新潮が「天下の悪法」と呼ぶ「三杯の毒」が成立してしまうと警告しているが、それも杞憂に終わる流れのようだ。週刊誌の関心はすでにポスト菅に移っている。

すすり泣く大横綱の痛切すぎる晩節

   もう一つの関心事、大相撲の野球賭博事件は、何とか名古屋場所開催に漕ぎ着けたが、7日に警視庁が相撲部屋への一斉家宅捜査に着手したことで、先行きは不透明になってきた。

   これも、相撲協会や力士たちが高額な掛け金の野球賭博をやりながら、暴力団との付き合いはないと、ウソをついていることからきている。

   「週刊文春」は、最近、逮捕された弘道会系「司興業」組長の森健次容疑者が、昨年9月29日に行われた朝青龍の誕生パーティーに出席していたことや、昨年7月の名古屋場所で、維持会員のみが座れる特別席で弘道会幹部たちが観戦していたことを取り上げ、大相撲と闇の世界のつながりは深く強いとレポートしている。

   大相撲野球賭博事件の火付け役、新潮は、元名横綱・大鵬の輝かしかった土俵人生の後の辛すぎる「後半生」に焦点を当てている。

   われわれの子ども頃、「巨人、大鵬、卵焼き」と謳われた大横綱は、77年に高血圧がもとで脳梗塞で倒れる。以来、娘と作家・田中康夫(当時)との不祥事、奥さんの浮気の噂、そして部屋の継承問題と、悩みは尽きることがなかった。

   ようやく三女が93年に貴闘力と結婚して、「これで身内に部屋を継承できる」と喜んだという。

   貴闘力の博打好きに悩まされたが、「大嶽」の名跡を貴闘力に譲り、自らは引退して、4人の孫を見ながらゆっくり余生を送ろうと思っていたのに、またも、大嶽親方の解雇である。

「辛くも大嶽部屋は部屋付の親方が継ぐことになりましたが、力士を目指す孫たちが育つまで部屋が持つのか。協会はどうなるのか。大鵬さんの悲嘆が消え去ることはないでしょう」(協会関係者)

   石橋義夫元横綱審議委員委員長が、先日電話で「とにかく元気でいて下さい」といったところ、

「しばし沈黙があったのち、電話口からすすり泣く声が聞こえてきました」
大横綱の痛切すぎる晩節である。

   文春で沢尻エリカの母リラさんが、「高城さん、お願いだからちゃんと別れて」と涙で訴えているが、2人の離婚問題は、身勝手なエリカのほうからの一方的な別れ話で、男として、人間として、彼女を許せない高城氏の行動は分かる気がする。だが、もう一方で、真相はまったく違うところにあるのかもしれない、とも思うのだ。芸能界も一寸先は闇。

  
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中