白鵬の「協会批判」的を射てるか手前勝手な言い分か

印刷

   角界の野球賭博事件。仲介役の元力士が、指定暴力団、山口組弘道会系の幹部が胴元と供述するなど、事件の解明がようやく本格化してきた。

   ところが、今度は横綱白鵬が天皇賜杯などすべての外部表彰を辞退した日本相撲協会に対し、「やり過ぎ」と物言いを突きつけた。

   処分も決まり、ノド元すぎて早くも熱さを忘れてしまったのか、手前勝手な言い分にすぎないのだが、スタジオでは「白鵬擁護」のコメントが相次いだ。

「相撲協会・NHKやり過ぎ」

   番組がVTRで伝えた白鵬の言い分はこうだ。

造反とは思えない
「天皇賜杯をいただくために一生懸命けいこを励んでいますから、日々努力していますので、そういう意味で(賜杯の取りやめは)残念。国の国技だし、やり過ぎではないかと…」

   他の報道によると、白鵬はさらに「自分たちの手で、国技をつぶす気なのかと思う」と話し、NHKの相撲中継が中止されたことにも触れて、「世界中で楽しみにしている人がいる。日本だけの問題ではない」とも語った。なぜか「とくダネ!」ではこの部分は素通り。

   白鵬の発言を受けて、スポーツ各紙は一斉に「国技をつぶす気か」の見出しで一面トップ扱い。キャスターの小倉智昭は白鵬をかばった。

「ボクは白鵬関の言い方は協会に対する謀叛とか造反とは思えなかったんですけど、今日の新聞の書き方はキツイですね」

   取材した相撲担当リポーターの横野レイコも、これに呼応するように「外国人と日本人の感覚の違いもあるので、協会批判と取られるのは気の毒」と擁護する。

   コメンテーターの山口義行(立教大法学部教授)は新聞批判を展開した。

「まあ、(新聞は)ちょっと面白がって、煽っているところがあると思う。ペナルティーを受けるのと、そうなった事態を残念がる思いと両方あるわけで、残念だとしたとたんに、協会批判したみたいに言われるのは(白鵬にとって)心外かもしれない」

   しかし、「自分たちの手で国技をつぶす気か」とか、NHKの中継中止にクレームをつけたのは、単に「残念がる」程度の話ではない。れっきとした改革を進めようとしている文科省、協会執行部批判。

   ただ、外人力士だから問題の全体像が理解できず、目当ての懸賞金も表彰ももらえずつい不満が出たのかも……。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中