2018年 7月 22日 (日)

協会最大のタニマチNHK「名古屋だけ」なら『同じ穴の…』

印刷

<大相撲の野球賭博問題報道>大相撲の賭博問題は、裏社会とどういうつながりになっているのかが大きな問題のひとつにもかかわらず、警察が捜査を始めるか始めないうちに、相撲協会は早々と力士や親方の処分を決定してしまった。名古屋場所を開催したいという一心でやったことははっきりしているが、これが裏目に出ることは間違いないと思う。

   多くの人が釈然としない思いで名古屋場所を見ることになって、お客の入りも少なくなるだろうし、華やかさのないすごくつまらない場所になることは目に見えている。

ごっちゃん体質がすべての原因

   相撲界の一番の問題は「ごっちゃん体質」だ。金銭感覚が完全にマヒしていて、普通の人は目をむくような大金が現金でやり取りされ、そのまま懐に入れる。それが当たり前になってしまっている彼らに対しては、金銭の授受には領収書が必要なんだという一般常識をたたき込まなければならない。

   買い物すればレシートが発行されるし、給料を受け取れば明細書が付く。銀行のカネの出し入れ、株の売買などもすべて記録を残すのが社会のルールなのに、相撲界はまったく無視してきた。

   部屋の経営権でもある年寄株からして、何億円ものカネで取り引きされながら、税金はまず払っていないだろう。なにはともあれ、このごっちゃん体質を改めて欲しい。

   そのためには相撲協会は何をやらなければならないか。ごっちゃん体質の中で上に上がってきた理事全員は辞職。経営がうまくいかない相撲部屋はタニマチを必死に探し、そこに裏社会に付け入られるスキを与えている。経営が苦しいのは部屋が多すぎるのが一因だから、51ある相撲部屋を減らす。不明朗なチケット販売の温床になりかねない茶屋制度もやめる。

   そして、ここしばらくは「国技」という言葉も使わない。「国技返上」である。公益法人認可の辞退も必要かもしれない。とにかく、いままでのやり方、制度を全部やめなければ膿を出し切るなんてできっこない。

千秋楽で謹慎解けたらたちまち……

   NHKは大相撲中継の中止を決めて、午後6時台にダイジェストを流すことにした。それはそうだろう。なにしろ1場所数億円といわれる放送権料を支払っているNHKは言ってみれば相撲協会の最大のタニマチだ。そのNHKが名古屋場所をこれまで通り生中継したら、相撲協会の「幕引き」が追認されたことになって、いまは殊勝な顔で頭を下げている親方・力士連中も、たちまち改革なんて放り投げてしまうに違いない。

   あの連中はもともと世間の批判などカエルの面になんとかだから、名古屋場所の千秋楽に謹慎処分が解けたら、たちまちまた同じことを始めると見るのだが、いかがか――。NHKは秋場所の中継も中止すべきだ。

      番付に 残って大関 恥をかき

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中