スペイン決勝弾男「パウルを胴上げしたい」

印刷

   FIFA・W杯南ア大会の決勝「スペインvsオランダ戦」は激闘の末、タコの占い師「パウル」の予言通りスペインが初優勝を飾った。

   ゴールを決めたMFイニエスタもインタビューに、タコを「スペインで胴上げしたい」と大喜びだ。

イエニスタの右足で延長11分

   試合はキックオフから壮絶な展開となった。前半13分間の間にイエローカードが5枚も切られるありさま。後半も両チームともチャンスをものにできず無得点のまま延長へ。

PK戦でなくてよかった

   均衡が崩れたのは延長後半11分、パスを受けたイニエスタが右足でゴールを決め、1-0でオランダを破った。

   キャスターの小倉智昭が「決勝になると、ここまで格闘技になるのというぐらい凄まじいぶつかり合いだった。忠明さん、PK戦にならなくて良かったね」と、前田忠明(芸能ジャーナリスト)に振る。

「PK戦になったらオランダが勝ったかもしれないね」
「PK戦になるとスッキリしないよね」

   小倉はPK戦で負けた岡田ジャパンを思い出したかのようにしゃべる。

   ドイツの準決勝敗退を的中させて食われる危機すらあった「パウル」は、3位決定戦のドイツが勝ちを的中させて、どうやら命を救われたようだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中