2020年 4月 3日 (金)

「民主大敗」タレント候補たちが足引っ張った?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   与野党の立てたタレント候補は、谷亮子、三原じゅん子、石井浩郎を除いて軒並み落選した。番組は、演説代わりに歌を披露する歌手、敗戦の弁を語る俳優、倒立をして見せる元体操選手の姿をVTRで流す。いずれも民主党の候補だ。

「谷亮子」「逆立ち池谷」で逃げた支持層

   MC加藤浩次が「何をしたいのか伝わるか伝わらないかが大きいですね」と切り出してコメント陣に振る。

国民はシビア

   司会のテリー伊藤「逆立ち見たいわけじゃないからね。何をしてくれるのかですよ」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「VTR見てて、しみじみ民主党が負けるべくして負けたと思った。政策を訴えているんじゃないもの。谷亮子さんだって、当選されたけど、(民主党が)失った票の方が多いような気がする」

   日本テレビ政治部・青山和弘記者「各党の選対幹部に取材しても、名前を知られているだけじゃダメ。何をやりたいのかハッキリしていないと、票を失いかねないと言っていた。

   今回、自民党の片山さつきさん、佐藤ゆかりさんという元議員が比例の上位にきている。舛添(要一)さんは(初当選の時)100万票以上とったけど、今回、谷亮子さんは35万票程度。人気だけで票につながるわけでないことがハッキリした」

   加藤が「国民の目がシビアになってきている」と引きとると、勝谷は「有権者が成熟してきたかもしれない。悪いことじゃない」と述べた。

   勝谷は「みんなの党」の候補者選びを真面目と評価する。大躍進の一因だろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中