2018年 7月 16日 (月)

急増!駅員・乗務員に殴る蹴る…呆れた実態

印刷

   全国の鉄道の駅員・乗務員への暴力が急増しており、昨年は過去最多となった。番組はオドロキのケースを紹介した。

   酔っぱらって寝込んでた客を起こしたら暴力をふるわれたなんてのは、まだありがちでかわいいケース。中年男性の一団は、切符が買えなかったことを逆恨みして券売機を殴りつけ、静止しようとした駅員を押し倒し、暴行したという。お次は、自転車をそのままホームに持ち込もうとした男性。見つけた駅員が、(危ないので)このケースに入れてくださいと、親切にもケースを貸してあげようとしたら、突然膝蹴りしてきたんだそうな。

イライラしてる人多い

   コメンテイターでジャーナリストの鳥越俊太郎がこの現象を見たところ、やはり社会状況が背景に見えていたようだ。「社会全体にいらつきがある。社会、経済、政治がうまくいってない。イライラしてる人が多くて、キレる。ヤな感じ、ヤな社会だよねえ」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中