またうなぎ産地偽装、今度は2年前「偽装は迷惑」と怒って見せた会社だって

印刷

   「これは大きな裏切りですよねえ」と赤江珠緒キャスターが憤るのは、ありがちな食品偽装。うなぎ卸大手のセイワフードが、台湾から来たうなぎを国内産と偽っていたというのだ。

   いまや日常茶飯事なニュースだが、ちょっとばかり山椒がきいている。2年前、他の業者の似たような産地偽装が判明した際、日本鰻輸入組合の副理事長だった同社社長は会見で、「われわれ正常な取り引きをしてるところは非常に迷惑なんですよ」などと憤りを見せていた。そのウラで、同社は2008年から今年5月まで産地偽装を続けていたらしいのだ。

おいしくても売れない輸入もの

   消費者に非常に迷惑な偽装がとまらない理由はなんなのか――。番組が国産と輸入物を扱ううなぎ料理専門店に聞いたところ、「(両者に)差はなく、おいしく召し上がっていただける」(店長)。近年は輸入物の質の向上が著しいのだという。

大きな裏切りです

   しかし、別の関係者に言わせれば、中国産の冷凍餃子事件以来、「輸入物は売れない」のが現実だそうな。「硬いうなぎだろうが、色が悪いうなぎだろうが、どんなものでも『国産』と言えば売れる」というから、「国産」のうなぎはますます増えていきそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中