東国原知事「衆院選出馬に色気」で批判浴びてた1年前

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>「国の政治が安定せず、地方はほんろうされる。国の政策がまた変わるようなことがあれば、さらに迷惑を被る」

   ねじれ国会迷惑と言っているのは、宮崎県の東国原知事だ。その東国原知事は1年前、ワイドショーでどんな評価を受けていたか。

『情けないですね東さん』テリーが宮崎県知事大批判」(スッキリ!!)
東国原知事の『正体』地方分権の否定者?功労者?」(スーパーモーニング)
はじけた『東国原バブル』そのまんま知事でいられるの?」(とくダネ!)

   自民党から衆院選出馬を打診された知事は、「私が次期総裁選候補者としてお戦いになるお覚悟はおありですか」という迷セリフで周囲を唖然とさせながら、ついには「やっぱり出ない」となって、翻弄された自民党はその後の総選挙で惨敗してしまう。

   地方分権を当時の麻生政権に迫り、宮崎の特産品のPR役を自認してきた知事が、実は国政進出に色気たっぷりなことがわかって、ワイドショーも「それじゃあ、いままでのは何だったのよ」となったわけだ。テレビ朝日解説委員の三反園訓はこうコメントしていた。

「県政のために尽くしたいと言っている彼のことを、宮崎県民はどれだけ信用するか」

   口蹄疫問題でワイドショーが東国原知事にやや冷淡なのも、このときの不信感が尾を引いているのかもしれない。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中