渡辺謙「インセプションは想像かき立てる深い映画です」

印刷

   いまやすっかりハリウッドスターになった渡辺謙が「朝ズバッ!」のスタジオに現れた。金曜日(7月23日)から公開される新作「インセプション」のPRだ。

   司会のみのもんたが「謙さんの隣に立っていると、デカプリオみたいな気分になる」(笑い)とお調子。「デカプリオが『かれは日本の宝ですよ。国宝です』と言っていた」

   渡辺は7年前の「ラスト・サムライ」で準主役をつとめ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。その後はロサンゼルスに移って、「バットマン・ビギンズ」「SAYURI」などに出演、最も知名度の高い日本人俳優としてTIME誌の表紙にもなった。06年には「硫黄島からの手紙」、そして今回の「インセプション」では、初めてアメリカを舞台にした映画の大役をつとめた。

制作費140億円

   「インセプション」は映像を見ただけではよくわからない映画。ビルが傾いたり、道路がはじけたり、海辺でビルが崩壊したり……。人の脳内に忍び込み、アイデアを盗む特殊能力を持つ男(デカプリオ)。彼に仕事を依頼する大企業のトップ役が渡辺謙だ。次のアカデミー賞作品賞の有力候補という。

来年のアカデミー賞

   きのう行われたイベントで、デカプリオは「渡辺に再会できて嬉しい。彼は日本の宝ですから大切にすべきです。俳優としてだけでなく、人間として素晴らしい」とスピーチした。

   みの「来年の2月(アカデミー賞)」と気が早い。

   渡辺は「俳優としてより作品の方を(評価してもらいたい)。よくある日本人の役ではなく、誰でもいいんですよ、どこの国の人でも。役ををいただいたのは嬉しい」

   制作費は1億6000万ドル(約140億円)。みの「その半分は謙さんが」(爆笑)

   渡辺は「CGも使いましたけど、6か国で本当にロケしてるんです。セットを作って、地震は起きる、洪水は起きる、無重力にはなる。全部作ったんです。だから、かなりの部分がセットとロケの費用で、仕分けの必要がないくらい」(爆笑)

   江藤愛アナが「渡辺謙をイメージして描いた役だ」というノーラン監督のコメントを紹介。また、デカプリオも「彼は国宝だ。一緒に仕事をしたなかで最もナイスな人」と話す。

   渡辺「国宝っていうと、何かお寺にあるような(笑い)。ボクだけじゃなくて、次のハリウッドを担う若手、カナダ、イギリスの俳優が出ている。ワールドカップみたいな現場だった。

   この映画は、想像をかき立てるというか、見終わったあと、だれかとしゃべって、しゃべって、しゃべり倒さないとすまないくらい、いろいろ深い映画です」

   試写を観た江藤に「そうなりませんでした?」

   ところが江藤は、「1人で観たもので……」

   みの「来年2月、ハリウッドでお会いしたいですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中