2018年 7月 19日 (木)

中国UFO動画人気 でもロケット映像にソックリじゃない!?

印刷

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)にかかせない視聴対象といえば、未確認の飛んでるオブジェクト、つまりUFOである。

   最近、中国でUFO目撃事例が相次いでるとのニュースが日本国内でも報道されているが、そんな状況を反映してか、このごろはYouTubeでも中国産のUFOが少しばかり幅を利かせているようだ。

   この1か月ほどのUFO動画を当たった結果、中国UFOの動画が数多くアップロードされていた事実が当探偵社の調べでわかった。再生回数で100万ペースのものもあり、なかでも1番人気は「UFO Flying Over China July 9 2010!!! REAL」で、7月15日の公開から5日間で約85万回再生となっている。なお、タイトルには「July 9(7月9日)」とあるが、杭州蕭山国際空港近くに現れたなどとする説明文の記述から、「July 7」の誤りと思われる。

白い物体が飛んではいるけど

   さて、肝心の動画を見てみると、白い物体が尾を引いて飛んでいく様子が2分間ほど映っていた。摩訶不思議で珍しくはあるものの、UFOにつきものの高速移動、不規則な動き、怪しげな光の点滅などがなく、UFO動画としては少々物足りない恨みがないではない。

   動画の視聴者からは、ロケットの打ち上げに似ているとのコメントが少なからずあった。そこで比較オブジェクトとしておすすめされていた「Minotaur Rocket launch 09/22/2005」http://www.youtube.com/watch?v=AiIRLij3RV4を見ると、たしかに再生2分15秒ごろから、白い物体が同じように飛んでいるのが確認できる。

   この動画へのコメントでも、「たしかに、ふたつの映像は酷似している」との感想が寄せられている。ただ、見た目はそっくりでも再生数では大違い。こちらはわずか7000回程度にとどまっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中